2011年11月17日

はきものをそろえる 世界一かんたんな成功法則

この本を読んでちょっと人生が変わりました。





心に残ったフレーズは、
・はきものが揃うと心も揃う
・今気づくことをやる。その積み重ねが大切。自分自身を顧みること。
・側坐核(脳のやる気の出る場所)の活動を待つのではなく、行動することで側坐核に刺激を与える。
・人は、やっているうちにやる気がでるもの。
・はじめの一歩を踏み出せば、後は脳がその選択を後押ししてくれる。
・同じことを継続すると脳の直観力が鍛えられる。
・他人を変えることはできないが、自分を変えることはできる。その積み重ねが大事。
・良いことをすると自然と気持ちよくなれる。小さな良いことをするのは他人のためでなく自分のため
・朝産まれて、夜になると一度完了みたいな感じで人生を送ろう。
・きれいな言葉を遣っていれば良い人生になり、乱れた言葉を遣っていれば乱れた人生になる。
・「けど」「でも」という否定語は遣わない。
・家族や他人を無視するよりも笑顔で挨拶した方が絶対に気持ちがいいんです。結局は自分のため
・小さなものに感動する習慣を身につける。
・「人道は一日怠ればたちまちすたる」
等々です。


読んでから、玄関の靴を揃えるようにしました。

そうすると、不思議なことにその他のものも整理したい気持ちになって、どんどん前向きになっていったのです。

ページ数は少ないのですぐに読める本です。






posted by 元気が出る本 at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。