2012年02月22日

できる男の活力マネジメント

メタボが気になりだした男性はもちろん、そうでない男性にもぜひ手にとってほしい本です。




作者の朝倉匠子さんはアンチエイジングの研究をされている方で、女性のアンチエイジングはもちろん、男性向けのアンチエイジングでもいくつかの著作があります。


この本を読んで早速実践していることが2つあります。

 ・あごに肉をつけないようリンパを流すマッサージをする。

 ・ストレッチで若々しい姿勢を維持する。


特にあごに肉をつけないようにするマッサージは効き目がありそうです。

また、
 ・人のオーラは姿勢で決まる。
は、響きますね。
確かにオーラがある人って、みんな姿勢がいいですね。
もっと早く知っていればよかった。(笑)


巻末には「朝倉匠子版 男が上手に年をとるために」10のポイントが書かれています。
そのうち、いくつかを抜粋してみました。


1)本当の自分の人生は40歳から始まる

2)60代は中年期である

3)年齢には暦年齢と細胞年齢があり、細胞年齢は自分でコントロールできる

4)おしゃれ&清潔であること

5)恋をすること

6)優しくあること

7)自分の「弱さ」を受け入れること


よし、これから実行してみようと思うことばかりですね。


できる男の活力マネジメント (ディスカヴァー携書)



posted by 元気が出る本 at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。