2013年08月17日

成功ハックス

・毎日5分「やりたいこと」「やりたくないこと」を書き出す。
次の条件を満たすことが必要。
1)やらずにいられないこと
2)やらずに死んだら後悔すること
3)心からやりたいと願っていること

・やりたいことの実現のためにブレイクダウンして、今すぐできることを書き出す。


・やりたくないことを書き出し、やらずに済ませる方法を書き出す。









posted by 元気が出る本 at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

映画「「それいけ! アンパンマン とばせ! 希望のハンカチ」

「希望とは、何回やってもできないことを、次やればできるんじゃないかと思ってがんばることだよ。」
(ちょっと表現違うかも)
のフレーズが響きました。


posted by 元気が出る本 at 06:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

すごい気が出る DVDブック

からだ中をふるわせるプルプル気功は毎日やることにしよう。




posted by 元気が出る本 at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットベンチャーで生きて行く君へ

Momento Mori,Carpe Diem
いつかは誰にでも死は訪れる。だから今を全力で生きろ。



posted by 元気が出る本 at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「風立ちぬ」

映画「風立ちぬ」を見てきました。

途中までは、ちょっと飽きてしまったのですが、主人公の妻が内緒で病院に戻ってしまった後、居候していた家の人が、
「美しいところだけ好きな人に見てもらいたかったのね」
の一言で号泣してしまいました。

---
これからは、映画もちょこちょこ載せていきます。
posted by 元気が出る本 at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

巨泉―人生の選択

56歳でセミリタイヤして、春、秋は日本、夏はカナダ、冬はニュージーランドに住んで生活を満喫している大橋巨泉の自伝。

学ぶべきところ満載で、日本版金持ち父さんと言っても過言ではないぐらい。




大橋巨泉さんの価値観の基準となっているのが
You can't have everything.
である。

あれもしたい、これもしたいと思うときもあるが、
そんなときは
「今回の人生ではやめておこう」
と考えるとのことである。


セミリタイヤのため、まずは東京を脱出して、静岡県伊東市に居を構えた。


夢のリタイヤ3条件
1)自分たちの名義の住宅(できれば別荘も)
2)100万ドルの現金
3)長期的な投資



後半生への九戒
1.誰もこの世を生きて通り抜けることはできない。
2.体を大事に。健康こそ万人の富の源泉。
3.いつも明るく、人の役に立つ人間であれ。情けは人のためならず。
4.怒りっぽい人や揉め事の好きな人を避けよ。執念深く、復讐心が強いものだ。
5.熱狂的信者も避けよ。
6.自分でしゃべるより、人の言うことを聞くようにしよう。
7.人に助言を与えることも用心深くしよう。
8.若い人に優しく、年寄りや困っている人に同情的で、弱者には寛容で。
9.成功と金を同等に考えてはいけない。




そしてもう一つの晩年の信条が
転ぶな、風邪引くな、義理を欠け
である。

やはり、人生は健康が一番という考えから来ている。





私もセミリタイヤ目指して日々頑張ってます。


posted by 元気が出る本 at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

リブセンス<生きる意味> 25歳の最年少上場社長 村上太一の人を幸せにする仕事

25歳での最年少上場を果たしたと思ったらすぐに東証一部上場まで果たしたリブセンス 村上社長について上阪さんが書いています。



響いたのは次の二つ。

「幸せから生まれる幸せ」

まさに、仕事とはこうあるべき。
人が幸せになる仕事をして自分が幸せになる。
これって最高だ。


「軌道に乗らなかったとき、人生とは何かを突き詰めないと先に進めない気がした。そこで過去を振り返って自分がどんなときに楽しかったのか、どんなときに嬉しかったのかをひたすら考えた。」

これは、私もいまからやってみなくては。






25歳の社長の地に足のついた考え方に大いに刺激を受けました。




posted by 元気が出る本 at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門

繰り返し3回も読んでしまいました。



国家というのは所得の再配分をする機関だというのは、まさに言いえて妙でした。

そして、国家という所得再配分システムを良く知っておかないと、負担ばかりが増えてしまうということになります。

特にサラリーマンは税に対して無防備です。

私も3年以内に法人を設立して節税することを心に誓いました。

---
経済的に独立していないということは、気づいているかいないかにかかわらず、誰かの奴隷であるということ。

・確実に金持ちになる方法は支出を減らすこと。

・最速の資産形成は税金を払わないこと。

・長期投資が成功するとは限らない

見えない貧困化が拡がっている。
・日本には、持ち家に住み、スーツを着て働き、子供を私立学校に通わせる「見えない貧困層」が誕生しています。

・公的年金や健康保険の財政が悪化すればするほど、構造的にサラリーマンは簒奪され、自営業者はますます有利になっていく。

・法人がわかれば人生がわかる。

所得税の発生しない範囲で給与を決定する。

・生活費を法人の経費に振替える。

創業支援融資斡旋制度なら本人負担金利1%以下で貸してくれる場合もある。

・自営業者が「法人成り」すると、税・社会保障費のコストを大きく節約することが可能となる。

・取締役一人の会社でも、公的金融機関から低利の事業資金を借りることができる。

・システムの負の側(ダークサイド)を歩くな。
---




posted by 元気が出る本 at 05:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

BIG tomorrow 2012年7月号

ビッグ・トゥモロウは、ほぼ毎月読んでいます。

この雑誌から得られるビジネスのヒントは本当に多いです。

今回紹介するBIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2012年 07月号からも非常に有益な情報を得ることができました。

主なものは以下です。

---
◆amazonせどり
米国amazonから日本amazonへ転売
→ベテラン出品者のマネをするようにしたら実績があがってきた。

◆日本のものをeBayで売る
・さぬきうどん 290円 → 3,000円
・ハローキティ×フェンダー のギター 1.8万円 → 3.8万円
・ヒカリエのガイドブックがebayで1000円で売れた。(中国)
・ボディソープの試供品が2000円で売れた。
・フェイスブックのファンページで外国人のファンをつくる。

◆ドロップシッピング
・韓国コスメは大きく売れた。
・折りたたみ自転車(5〜6月)、防災グッズ、エアロバイク。

◆ヤフオク
・アニメとのコラボ商品はヤフオクで高額で売れる。
・映画の前売り券特典グッズはヤフオクで売れる。
・鉄道、アイドルなどの商品はヤフオクで売れる。

◆物販全般
・売る時期も重要である。いつ売ると高く売れるか考え、最も高く売れる時期に出品する。
・鉄道忘れ物市、役所オークションは良い仕入れエリアである。
・ダイバシティ、ヒカリエ、スカイツリーのパンフレットは海外でも人気
・おしゃれなフリーペーパーは海外でも売れる。
・日本の化粧品等の試供品は海外で売れる。
・観光案内所においてあるパンフレットは海外で売れる。
・イベント限定商品は高く売れる。

◆アフィリエイト
地域限定にした。
例:「レーシック」よりも「レーシック 比較 新潟市」とした。

◆不動産
・地方のアパートだと利回りの良い物件も出てくる。

◆その他
・玄米、ごま、しらすぼし、さくらえびのおにぎりは健康によい。
・マリオンポンドが良いとのこと
・税金の面ではサラリーマンが一番割りを食う。
---

肝心なのは、情報を収集することではなく、行動すること。

成功するのに唯一必要なのは行動です。

たった今から行動しようと気持ちが上がってくる本です。





定期購読はこちらです。

定期購読で1冊分無料!さらに、送料無料で毎号お手元にお届け!






posted by 元気が出る本 at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

1億円が貯まる人の「24の成功ルール」

魂を奮い立たせてくれた本です。



著者の田口智隆さんは、借金がかさみ自己破産まで考える状態になりながらも、わずか10年で資産1億5000万円を達成したとのこと。

その秘訣は、成功本を読んで、そのとおりにすぐ実行したからだとのこと。

この本を読んで、私に欠けているのは
「本を読んですぐに実行」
という点だということが明らかになった。

本を読んで実行しているつもりではあったが、やはりスピード感が足りない。

もっともっとスピードを上げて、本のとおりに素直に実行しなければならない。

こんな思いにさせてくれた本でした。

有言実行でいきます。

響いたフレーズは以下です。
---
・成功には代償が必要だ。

・週末起業にはトレードオフの考えを取り入れる。週末起業により「得られるもの」と「失うもの」を天秤にかけ、どちらにするか決めるのだ。

・成功したければ、自分らしい人生を生きることに集中して、お金や成功のことを忘れる。

・儲かる仕組みを作った後は、誰が管理してもうまくいくようにすることが自由人への道である。

・私は私のやり方で成功することになっている。

・人生に「困ったこと」など起きない。

・人に好かれる一番大切な方法は相手の名前を覚え、相手に重要感を持たせることだ。

・営業は人の気持ちを動かすのが仕事。聞き上手になる。

人生を満足させなければならない相手は自分自身だけ。自分が正しいと思うことをして、その気持ちに正直になればいい。

・考えることに時間をかけすぎずに、飛び込んでみること。

とにかく飛び込むのだ。否定的な意見にやる気を奪われる前に−。

・敗者のゲームに巻き込まれないようにする。

・IPOで儲けようとするなら申し込み可能な証券会社すべてに口座を開き抽選の申し込みをする。恐ろしいほど手間がかかることをしなければ決して儲けられない。

・勝つ可能性を高めるには、手数料の低いインデックスファンドに投資する。

・お金持ちになるには税金を知り、税金を味方につける必要がある。事業家はうまくすれば1円も所得税を払わなくて済むこともある。

・不動産投資で毎月のキャッシュフローを確保する。
---




posted by 元気が出る本 at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。