2012年03月22日

柳井正の希望を持とう

ユニクロ創業者の柳井さんからのメッセージ本です。



実は私はユニクロが大好きです。

なにが好きかというと製品の品質ももちろんなのですが、店員さんのあのホスピタリティあふれる対応にいつ言っても感動してしまいます。

こんなに気持ちのいいお店はユニクロの他にほんの数えるだけしかないです。


そんなユニクロを一代で創業した柳井さんからのメッセージが詰まった本です。

特に、冒頭の
頑張らない人生には価値がない。
とのくだりにはガツンと響きました。

他に、響いたフレーズです。

---
・頑張らない人生には価値がない。私は「生きる」ことは、すなわち「頑張る」ことだと信じている。
そうでなければならないとも思っている。

・希望を持つには、人生は自分が主役だという信念、自分に「期待」するという姿勢が不可欠だ。

・CHANGE OR DIE(変革しろ、さもなければ、死だ。)

・私たちが今も生き残って成長を続けていられるのは、「自己変革」を信条としてきたからだ。

・会社というものに安定や安心はない。
 努力もせず、何の手も打たなければいつの間にか危機が忍び寄ってくる。
 危機感を持って、細部まで点検をしていないと、会社なんて、すぐにつぶれてしまう。

・「危機感を持つ」とは、自分の状態や成績を客観的に評価しながら、慢心しないよう、努力を続けることだ。不安とは性質が違う。
 不安は持たなくてもいいけれど、危機感は常に感じていなくてはならない。

・「俺は能力がある」と思い込んでいる店長ほど失敗する。
 自分が思った通りに人が動かないことに直面するからだ。

・一番厳しいお客さまになったつもりで、自分の店を点検する。
 すると、問題点はいくつも出てくる。
 従業員の表情が暗い店、整理整頓されていない店、床が汚い店などは売れるはずがない。

・自動的に成長する人はいない。競争と向上心と努力だけが結果を生むのだ。

・実は最も大事なことは、「問題を自ら発見していく」ことだ。
 それが、サラリーマンと経営者の違いだと僕は思っている。 
 仕事は降ってくるものではないし、仕事の問題点、改善点は探そうと思わなければ見えてこない。
 与えられた仕事をこなすだけの人では経営者にはなれない。
 自らの経営の問題点を見つけ、その解決策を判断し、決定したことを着実に実行することが経営者には求められている。
その不断のサイクルのみが、会社を潰さずに、成長させることができる。

・日本の経営者の多くは、個人の「努力」や目標達成の「プロセス」に対して、過大評価しているように思えてならない。
それは、経営者を見ていると、「何が何でも結果を出せ」という執念が感じられないからだ。
しかし、ビジネスはシビアなものだ。経営者の評価は「結果を出したか出さなかったか」で決まる。
厳しさを背負って、目標を見つめるからこそ、ブレない頚絵になるのだと思う。

・上場して、一番うれしかったことは、「これからは本屋に行っても、好きなだけ本を買うことができる」というこだった。
それ以上のことは今も考えていない。

・マンネリに陥ると、お客さまが買い物に楽しさを感じなくなる。
 精神が入っていないサービスをされても、お客さまには通用しない。
 では、どうやってマンネリをふせぐか。
 まずは謙虚になること。「上には上がいる」と自覚して、自分の仕事に取り組むことだ。

---









posted by 元気が出る本 at 08:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

刑務所なう。

話題の堀江さんの獄中記「 刑務所なう。 」早速読みました。


堀江さんのツイッターをフォローしているので、現在刑務所でどのようなことをされているのか大体は知っていたのですが、この本はツイッターでは書ききれていなかった日々の感情の動きなどが細かく描写されています。





日々単調な刑務所生活の中でも常にポジティブに生きるにはどうすればよいかを考えているところは、私も見習わなければならないと思っています。

刑務所の食事一つにしても、ほんとうにおいしそうに食べている様子が目に浮かび、自由のない環境の中でポジティブに生きる見本のようでした。


刑務所では未来のことは考えないほうがよい。過去のことを考えていると自然と時間が過ぎてしまうものだ。
という一節は、かなり響きました。


また、章の切れ目にはマンガ版刑務所なう。が掲載されています。
マンガにしたことで刑務所の中の出来事とは思えないような思わず笑えてしまうような描写になっています。
文章だけではわからない刑務所内の様子も描写されています。


さらに、消費税増税などの時事問題についても、堀江さんの見解が書かれており、納得できなかった見解もありましたが、これもなかなか読み応えがあります。








posted by 元気が出る本 at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無一文から億万長者となりアメリカンドリームをかなえたヨシダソース創業者ビジネス7つの法則

米国ではイチローの次に有名と言われている、ヨシダソース創業者の熱い熱いメッセージです。





私もバレリーナの格好をした筆者がヨシダソースのCMに出ているのを見たことがありましたが、ものすごいインパクトでした。

幼少時に背負った逆境を乗り越えて、波乱万丈の人生を送る筆者の姿に、自分はまだまだ努力が足りていないと再認識。

特に、「こんちくしょう」をエネルギーに変える
ポジティブリベンジ
は、私も取り入れることにした。

まずは、手帳にこれまで一番悔しかったことを書き出して、鏡に向かっていってみることにする。
人生を変えてやろう!



---
悔しさをエネルギーに変える

こんちくしょう、今に見とれ!
これを逆境に追い込まれたり途方に暮れるたびに言い聞かせてきた。
このままつぶされてなるものかと本気で歯を食いしばってきたからこそ今がある。

今までの人生で一番悔しかったことを思い出して、鏡の前でこの言葉を口に出してみるといい。
その感情を全てエネルギーに変換したら必ず人生は変わってくる。

ポジティブリベンジ。
それは恐ろしいパワーやで。

第一にすべきことは自分を認めること。
自分を認めなければ、プラスのエネルギーを発揮できないからだ。

鏡の前に立って「自分の生き方が本当に好きだ」と毎日100回言い聞かせる。
→人生が変わる

自分の生き方に満足していると自覚すればするほど、そのエネルギーに回りの人が寄ってくるようになった。

やりたいことは口に出せ。
そして、紙に書いて貼れ。

感動を口に出す。

パッションなくして人生はない。

誰かのために朝から晩まで働き続け、何の感動もなく、気がついたら死んでいたなんて人生真っ平だ。

99%のパッションと100%のパッションは違う。
99%のパッションはゼロと一緒。

夢を徹底的に追いかけるためには、子供のような無邪気さが最大の強みになる。

「3万ドル返さなければいけない」という目標ではなく「1万本のソースを売る!」というポジティブな目標を設定する。

What goes around comes around

人生にはにっちもさっちもいかないことなど絶対にない。
落ち込んだらリセットボタンを押せばよい

自分が「これや!」と思ったチャンスは、決して逃してはいけない。逃して残るのは後悔だけだ。

ものを売るより自分を売れ。
デモはとにかく目立ってなんぼ。
出る杭を打たれてなんぼ。

自分をオープンにして、「あ、この人面白いな」と思ってもらえたときに、初めて相手はチャンスをくれる。

何事も恥ずかしがってたらあかん、チャンスは自分でつかむものや

第一印象に気を配る

オーラは自分で作り出すものである。

過去に築いてきたことにチャンスがある。

強運を引き寄せられるかどうかは、それまで自分がどれだけの人間関係を築いてきたかで決まる。

やりたかったのに諦めたら後悔するだけだ。
チャンスは自分の心が知っている。

命がけで本気になれば他人を巻き込むパワーが生まれるんや。

思いは強ければ強いほど多くの人を巻き込むんや。

ジョン・F・ケネディの言葉「国が何かをしてくれるのかではなく、あなたが国のために何ができるのかを考えてみて下さい。」

相手によって態度を変える人間は信用できない。

下に落ちたときに必要なのは「こんちくしょう」のエネルギーやで

失敗は許せ、嘘は許すな

恩返しの気持ちには終着点はなく、すればするほどプラスのエネルギーに変わっていく。

家族は最高のモチベーション。
人生は家庭があってこそ。人生において家庭が最優先事項であることは、何が起こっても絶対にひっくり返らない。

アメリカ人は日本人に比べて、幸福をつかむための努力を徹底して行っているように見える。幸福を求めることは権利なのだと彼らは認識している。

「今日はしゃあないから明日にする」は絶対にだめ。
今日のことを明日に回したら、明日やるべきことは明後日に回ってしまう。これが繰り返されるとやるべきことを放置してしまう人生になる。

満足の連続こそが、新しいステージへと導いてくれる。これが成功である。

男なら本気を出して戦ってなんぼ。人生も商売もケンカ。

ゲームをする感覚で仕事を楽しんでいる。ゲームととらえると、あらゆることが面白くなる。

---









posted by 元気が出る本 at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

サラリーマンの僕が、35歳で資産3億円つくった方法

著者の島居さんは、昼間は電機メーカーに勤務しながら飲食店オーナー、大家さんなどを行い資産を増やしていった方です。




資産を増やす手法は、もちろんですが、魔法の手法があるという訳ではなくコツコツと一つずつ階段を上って努力したものとのこと。
至極当然だか、このような成功者が語るところに重みがある。


筆者は、株式投資、不動産投資、飲食店経営の順番で資産を作っていった。

やはり一番参考になったのは、筆者のお金に対する考え方である。

「お金の出口を絞り、入口を増やす」などという考え方はごくシンプルであるが実践できていないものであった。

まず、これを今から実践しようと決意した。


その他、印象に残ったところは以下。

---
お金持ちは一気にお金を増やそうとしない。

お金の入り口を管理する前に、まずお金の出口を絞る

融資を断られることのほうが普通

お金持ちになるためのごく簡単なルール
 お金持ちは、投資し続け
 そうでない人は、消費し続ける



ルール1
お金持ちは株を買い、
そうでない人は宝くじを買う。

ルール2
お金持ちはお金を借りて、
そうでない人はお金を借りて消費をする。

ルール3
お金持ちは長い付き合いを求め、
そうでない人は一見の付き合いを好む

ルール4
お金持ちになるためには、たくさんお金の入口を作る。(作り続ける)



72の法則:72を年利で割れば、元金の2倍になるまでのおおよその年数がわかる。


投資をして、複利を味方につける。

持つ者はますます裕福になり、持たざる者はますます貧乏になる。

すぐに銀行にお金を預けクレジットヒストリーを作る。

お金持ちはお金を手にしたときに、お金の「交換価値」よりもお金の「時間価値」に注目する。


バフェットのルール
1.決してお金を失うな
2.決してルール1を忘れるな

今のお金を数倍にしたいと思うのであれば、お金を稼ぐために一生懸命働くという考え方は禁物。

自分が働かないで、お金を得るにはどうしたらよいかを一生懸命に考える。

自分一人で稼げる金額は決まっている。

働かなくてもお金を得られる仕組みづくりに時間を使う。


お金持ちの多くはみんな複利効果で急成長する。

昔のお金持ちの多くが金融業を営み複利効果を生かしてきた。

お金持ちはみなお金を管理するスキルを身につけている。

お金を使うときに「投資」か「消費」かを考え、「投資」に使う。
時間の使い方もこれと同じ

お金持ちは税金の仕組みを知っている。

不動産投資をすれば、書籍や交際費、固定資産税なども経費として認められる。

入居者がなければサラリーマンの給与所得と損益通産ができる。


投資の大原則:余裕資金で投資する。
投資で失敗する原因のほとんどが、焦ったり、不安を抱いたりして判断を誤ったためである。

なぜ僕(島居さん)が成功したのかというと、自分に特別な才能がないことを自覚していたから。
才能がなければ成功している人のマネをすればよいだけ。

不動産投資にはセオリーが確立されていて、成功パターンと失敗パターンとを分析すればほとんどのリスクを回避できる。

失敗や苦労をなるべく背負わずにお金を儲けることを考えるのが、本当のお金持ち。

埋没費用(サンクコスト)に惑わされるとお金がどんどん逃げて行く。

支払ってしまったお金(埋没費用)は自分の意思で元に戻すことはできない。自分の意思で変えられるのは将来にかかるお金だけ。
サンクコストの概念はお金だけでなく時間の無駄というのもある。

不動産投資は、他人のお金で投資して利益を得られる効率の良い投資。

チャンスの神様は前髪しか生えていない。

お金持ちになるためにはお金を借りて投資する方法もある。

島居さんは全て都心のマンションに投資している。

不動産を買うときに絶対はずせない5条件
1)都心からアクセスのよい全国的に有名な立地
2)駅から徒歩5分以内の超駅近物件(特に地下鉄の駅の近く)
3)周辺にスーパー、コンビニ、クリーニング店がある
4)高速道路の脇や、街道沿いではない
5)投資用マンションが飽和しているエリアでない (西新宿5丁目や水天宮はNG)

投資としてお金を借りている場合は、必ずしも早くお金を払い終えることがいいとは限らない。

銀行に提案する事業計画書に書く事柄
1)自己紹介 ☆
2)経営理念
3)会社概要
4)事業内容 ☆
5)返済計画 ☆
6)銀行の取引メリット

サラリーマン投資家は、地銀か信用金庫から借りるためにクレジットヒストリーを作っておく



飲食店を出店する地域に住んでみる。人の流れもわからない状況で出店しても利益を上げることはできない。

スーツのポケットの中にいつも現金10万円を入れておく。

島居さんは車のディーラーに「明日の朝までに買うかどうか決めてください」と言われたときに「いくらなら買うので、明日の朝までにその値段で売れるかどうか決めてくれ」と言い返した。

収入の入口を複数にし、支出の出口を減らしていけばお金は着実に貯まる。

不況は絶好の投資のチャンス。
---


絶対に実践しようと決めた。









posted by 元気が出る本 at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

なぜ「これ」は健康にいいのか?

かなり刺さりました。

そして、たった今から実践することがいくつも出てきました。




一時期、電車の中での広告がかなり目に付いていたので読もう読もうと思っていたのですが、やっと今読みました。

メンタル面での安定は仕事でのパフォーマンスをあげるために何よりも大切だと普段から思っているので、本書はまさに目からウロコ状態でした。

その中でも特に目からウロコだったのをいくつか挙げてみます。

---

・自律神経のバランスを意識的に整えることで、あなたのすべてが変わる。

・「ゆっくり」を意識し、ゆっくり呼吸し、ゆっくり動き、ゆっくり生きる。

・副交感神経が低下すると、血管の老化が進み、同時に免疫力も低下し、体は病気になりやすい状態になる。

・郷ひろみの若さは「副交感神経を上げる日々の努力」の賜物

・ふだんから副交感神経を上げることを意識的に行うことが潜在能力を最大限に引き出す方法であるとともに、心身のバランスを整える最高の健康法である。

・タイガーウッズのように「背を伸ばして歩く」ことが自律神経のバランスを安定させる最高の歩き方である。背筋を伸ばすことにより、気道が開き、呼吸をしたときに入ってくる酸素の量が多くなってくるからである。

・呼吸が自律神経と関係するのは、血管を収縮・拡張させるのが自律神経だから。体が酸素不足を感じると血管を収縮させるために交感神経が優位となり、酸素量が増えると副交感神経が優位となる。

・あせると呼吸が浅くなって副交感神経を低下させ、自律神経のバランスを崩しミスが増える。

・ゾーンにはホワイトゾーンとブラックゾーンがある。ホワイトゾーンとブラックゾーンとを分ける境目は周囲の状態を見る余裕である。

・ゆっくり動くと健康になる。

・副交感神経を高い状態に保つことが健康を保ち、自分の能力を最大限に発揮できる最大の秘訣である。→副交感神経を下げることをやらないこと。副交感神経を上げるようにすること。→ゆっくり動く

・健康は自律神経のバランスで決まる。

・自律神経の最も重要な働きは恒常性を保つこと

・交感神経はアクセル、副交感神経はブレーキ

・朝から日中にかけては交感神経が優位、夕方から夜にかけては副交感神経が優位。

・更年期障害は自律神経のバランスの乱れにある。

・自律神経のバランスが崩れると免疫力が低下する

・足裏を揉むだけで体調が良くなるのは血行がよくなり、副交感神経が高まるから。

・血流が悪くなると血液の質そのものが低下する。

・ヨーグルトを食べると腸内に善玉菌多くなる。

・腸内細菌のバランスが良いと自律神経が整いやすくなる(腸おける栄養吸収がよくなり、血液の状態がよくなるため)

・自律神経のバランスが崩れたときに乳酸菌(ヨーグルト等)を多く摂取し、善玉菌を増やすと血液がきれいになり自律神経のバランスも整う。

・朝30分の余裕がその日一日の自律神経を安定させる。たった30分余裕を持つだけでその日一日の行動がすべてうまくいく。

・早起きの効果が出るかどうかは前日の夜に決まる。前日の夜に早起きしてやることを決めておく。
お酒を飲みすぎることは自律神経にとって最悪の生活習慣である。

・お酒を飲むときは同量の水を一緒に飲むと良い。

・お酒を飲んでお風呂に入るときは500mlの水を飲んでから入るとよい。お湯の温度は40度ほどのぬるま湯がよい。

・腸内環境が良くないと全身の調子が良くない。

・朝食を食べることにより、朝、副交感神経が上がる。

・運動するなら夜がいい。心筋梗塞を起こしやすいのも朝。

・夜の適度な運動は末梢の血管を開く。

・深呼吸をすると心が落ち着くのは末梢の血液量が増加するから。

・朝は頭を使う仕事に適している。

・怒れば怒るほど体内では血液がドロドロに汚れていく。(血管が収縮すると血液破壊が進む)

・愚痴を言わず、弱音を吐かず、笑顔で努力する。

・自律神経を整える日記
 @その日一番失敗したこと。
 Aその日一番感動したこと
 B明日の目標

・最も体に良いのは適度なストレスと適度な余裕を併せ持つこと。

・奇跡は「精一杯の努力」をしたときに起きる。

---


この中で、すぐに実践し始めたことは、

 ・タイガーウッズ歩き

 ・姿勢を正しく

 ・ゆっくり動く

 ・適宜、深呼吸

 ・毎朝ヨーグルトを食べる

 ・お酒を飲むときに同量の水分をとる

です。


実践し始めてみて、一週間ほどですが、気持ちの良い毎日を過ごせています。

これを継続して、もっともっと健康にそしてエネルギッシュに生きていこうと思います。


なぜ、「これ」は健康にいいのか?



posted by 元気が出る本 at 08:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

できる男の活力マネジメント

メタボが気になりだした男性はもちろん、そうでない男性にもぜひ手にとってほしい本です。




作者の朝倉匠子さんはアンチエイジングの研究をされている方で、女性のアンチエイジングはもちろん、男性向けのアンチエイジングでもいくつかの著作があります。


この本を読んで早速実践していることが2つあります。

 ・あごに肉をつけないようリンパを流すマッサージをする。

 ・ストレッチで若々しい姿勢を維持する。


特にあごに肉をつけないようにするマッサージは効き目がありそうです。

また、
 ・人のオーラは姿勢で決まる。
は、響きますね。
確かにオーラがある人って、みんな姿勢がいいですね。
もっと早く知っていればよかった。(笑)


巻末には「朝倉匠子版 男が上手に年をとるために」10のポイントが書かれています。
そのうち、いくつかを抜粋してみました。


1)本当の自分の人生は40歳から始まる

2)60代は中年期である

3)年齢には暦年齢と細胞年齢があり、細胞年齢は自分でコントロールできる

4)おしゃれ&清潔であること

5)恋をすること

6)優しくあること

7)自分の「弱さ」を受け入れること


よし、これから実行してみようと思うことばかりですね。


できる男の活力マネジメント (ディスカヴァー携書)

posted by 元気が出る本 at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

私が弁護士になるまで

元フジテレビアナウンサーだった菊間千乃さんがフジテレビを退職してから弁護士になるまでの道のりを書いたものです。




私も会社勤めをしながら難関といわれる資格試験の勉強をしていました。
なので、社会人受験生の心の葛藤の描写など深く共感でき、涙、涙でした。


特にオリンピックをマイルストーンに4年前の自分と今の自分を、スポーツ選手との対比で比較して、「この4年間何もしてなかった」という記述はまさに私もそのように思ったときがありました。

また、1日15時間勉強したという努力もすごいのですが、アナウンサーをしながら法科大学院に通っていた頃は車の中で睡眠をとるという、テレビの画面からは想像もつかないような努力がありました。


これは、ちょっと専門的になってしまうのですが、法律系試験の論文試験では自分の思いを書くのではなく、合格者が書くと思われることを書くという、いわゆる「守りの答案」が必須になってくるのですが、菊間さんはこれを「ヒゲダンス」と名付けていました。
抑えて抑えて書くという意味でピッタリの表現で、命名センスに感心しました。


社会人の方で資格試験を目指されている方にとっては、これ以上ない合格体験記です。

資格試験を目指していない方にとっても、人生を変えようと思っている方にとって背中を思いっきり後押ししてくれる一冊です。


私が弁護士になるまで 菊間千乃



posted by 元気が出る本 at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

チェンジメーカー

今回は勝間本です。



勝間本は何冊も読んでいますが、この本はそんなに刺さるところがなかったかなぁというのが正直な感想です。。。

ただ、まさにこのタイトルどおり私自身チェンジメーカーであり続けたいと思っています。

そして、この本にも書かれているように
「職業はチェンジメーカーである」
と、私も言えるようになろうと決意を与えてくれた本でした。






posted by 元気が出る本 at 08:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

「会社を辞める!」と決めてからの起業ロードマップ

起業しようかなあと思っている人にとって、あと少しの一押しが決断する決め手になるのではないでしょうか。

この本は、まさにそんな人に背中を一押ししてくれます。





著者の起業経験をもとに、読者に語りかける文体でとても読みやすく、心に響きます。

そして、各章のサブタイトルが関西弁になっているところがまたよかったです。

例えば、

 ・ほんまに起業する覚悟はあるんかいな?

 ・いつまでアホな上司の言うことを聞いてるんや?

 ・早ければ40歳でリストラやで

 ・退屈な暮らしにサヨナラや

 ・起業への道のりは険しいんやで

などです。


いま、こうやって書いてみても気持ちが高揚してきました。


起業しようかなぁと思っている方は一度手にとって見るとよいでしょう。


「会社を辞める!」と決めてからの、起業ロードマップ




posted by 元気が出る本 at 08:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

成功本51冊 もっと「勝ち抜け」案内

前にこのサイトで書いた成功本50冊「勝ち抜け」案内の続編です。



前作が、成功本を読んでも成功しないのはなぜかということがテーマでした。

この本は、
 成功するために行動を始めたけれど何もおこらない、
 すでに成功しているけど幸せではない
という人のために書かれています。

前作同様この本も成功本の紹介のパートより、著者のジェットコースターのような体験を書かれているところが秀逸でした。

特に神社にお参りに行った直後に大きな仕事の話が携帯電話にかかってきたという点は、偶然とは思えず、シンクロニシティを感じます。

私もこの本を読んだ直後から神社にお参りに行くようになりました。

また、未来日記を書くことの重要性も教えてもらいました。
私も、これからすぐ書こうと思います。

---
成功法則ベスト10<応用編>

1位:未来は変えられる
2位:シンクロニシティを起こす
3位:幸せはあなたの心にある
4位:人生観を持つ
5位:潜在意識を働かせる
6位:ツキを味方にする
7位:習慣にする
8位:すべてを数値化する
9位:「未来日記」と「成功日記」を書く
10位:心が変われば行動が変わる
---

成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内
posted by 元気が出る本 at 06:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。